Next Azure Racing - Teru

クラウド系エンジニアのロードバイク初級ブログ

ツール・ド・おきなわ 2017 100km

2年目のツール・ド・おきなわ

結果はDNFの不安はなく、完走したのみ。とにかくレースは最高にキツかったけど、楽しかった。昨年は160位で今年は121位。一応、去年よりは上位へという最低限の目標は達成できたけど、脚は痙攣しまくり、最後の30kmは集団から完全に千切れて失速。去年と同じく、とにかく力不足という反省が残りました。
f:id:teru1025:20171114191913j:image

準備から少し手間取ってしまったので、また次のために記録しておこう。すぐ忘れちゃうから。

 

次回への申し送り

まず、前日の夜に輪行バッグへの自転車の詰め込みをしたのですが、なかなか上手く納まらずにちょっと焦った。ファスナーが全く締まりそうにない。

輪行バッグは去年と同じくオーストリッチのOS-500ですが、バイクが去年とは違う。

結局、シートポストを抜かないとファスナーが締まらなかった。

シートポストの形状もあり(足の短さもあり)、殆ど下がらないので、抜く必要があった。ファイバーグリップを使っているのでシートポストの塗装にもかなりダメージを受けてしまう。出来ることなら抜き差しはしたくないけど、年に一度の飛行機輪行だし仕方ないと諦めるしかない。

ただ、ペダルは外して、ホイールからクイックリリースも抜いて輪行袋へ、出来るだけ薄くするとシートポストを抜かなくて済むかも。

ギアは25T(フロント36)までで問題なし。

 

レース後に夕飯を食べた「かふぅ」、美味しいけど油っこいから揚げ物は少な目で、あぐー豚のしゃぶしゃぶをもっと食べたかった。

那覇空港、お土産や食料を見るなら手荷物検査前に。
あと、予想以上の脚つりがあって、筋力不足は間違いないのだけど、クレアチンの影響も実験しておきたい。

あと、マリオットリゾート(ホテル)は最高でした。飛行機はジェットスターが安くて良かった。成田だし第3ターミナルは少し遠いけど、それでも余りあるコストパフォーマンス。


f:id:teru1025:20171114191703j:image

 

レースレポート

121位なので人の参考になるようなものではありません。。。
個人的には去年より40位程アップできた。

f:id:teru1025:20171114191634j:image

スタート列の中盤より前に並び、スタート直後の登りは遅れない程度にマイペースで走行。普久川の登りで何故か全然無理してないはずなのに早速ふくらはぎがつりそう。
前日の観光で脚がパンパンになったダメージか、情けないと思いながらも、平坦や下りで大集団の恩恵は計り知れないので、下りで順位を少し上げて、登りで少しずつ集団の後方へ。平坦では集団の真ん中で回復する。焦らず、無理せず。


大集団は追い風の影響もあって平坦では45km/h程で進むけど、全く辛くはない。
そんな中、与那を下りきったスタートから30kmもいかない頃に前方で落車。事故の規模は大きくなさそうだけど、道が塞がっているので停車し、一旦歩道に上がって回避してからスタート。30秒以内くらいのロス。

 

その後のアップダウンを数人で回していくと、少しずつ前を吸収し数分で大集団に追い付いたようで事なきを得る。

落車で道が塞がり複数の怪我人が居るなか、後方から「道を空けろー!」と叫びながら停車もせずに無理やり通り抜ける人が一人。別カテゴリの逃げの人なのか必死なのはわかるけど、冷たい視線を浴びてました。

 

60km地点くらいまでは、そのまま大集団にいることができ、この調子なら100位以内かもと思った矢先、登りで太股が左右同時につって千切れてしまう。


そこまで疲労もなく順調に走れていたのに突然でした。ふと2日くらい前に思い付いたように普段飲んでいないクレアチンを飲んだ影響かもと思う。個人差もあり体調もあり、単なる自分の筋力不足は間違いないので、クレアチン自体は悪くないとも思います。

 
周りからも苦しそうな声をあげながら脚つりで数人が遅れ、止まる人も出てくる。去年と同じ光景だ。
止まるわけにはいかないと思い、踏み方を変えながらやり過ごすが、限界を越えて付いていっても結果的には良くないので、ペースを落として次の集団を待つ。

こんなとき決まって思い出すのは誰が言ったか「脚がつっても痛いだけ」という言葉。そう、痛みを我慢すればいいだけだw


この気温だし去年よりはずっと前の方で走っていたはずなので、後ろにはまだ大集団がいるはず、後ろを振り返りながら速度を緩めて集団を待つと、数分もたたずに大集団がきた。抜かれながら確認すると前方は210kmゼッケンが30人以上。後方には140kmと100kmが20人以上。
後方中程に合流。最初に乗っていた100kmメインの集団よりもペースが速いが、なんとか付いていけた。そこで15km程耐えたが75km過ぎくらいのアップダウンで千切れる。

脚つりの痛みは引かないが、登りでもケイデンス高めたり、ダンシングで筋力を消耗せずに走れている感じがしていたけど、急に太股が動かなくなり失速。

 

そこからは、ちょうど居合わせた3人で回しながら走り、途中からは2人に。元気良く声掛けてローテーションしてくれたお兄さんありがとう。

 

そこへまた集団が。ん、これは何の集団?
相当いいペースなので心が折れ掛けるが、50人くらいの大集団なので、これで行けるところまで行ければと思い集団の左端にペースを合わせて合流する。
と、右端には比嘉さんが!今年は後発だったオーバー40のメイン集団か。

声を掛けるとタマちゃんも近くにいるとのこと。なんと!!タマちゃんの表情を見ると余裕がありそうで、自分は最後まで付いていける気がしませんでした。

 

集団の最後尾にいたけど、90km過ぎからの斜度のある直登の部分で千切れ、そこからはほぼ一人旅。


最後の羽地の登りでも脚全体がつっている激痛に耐えながら腰からペダルを回すような感じで耐えながら登りきると下りの途中で比嘉さんが脚を押さえて停車している。

落車ではなさそう。「どうしましたー?」と声掛けるも「行ってくださいー!」とのこと。

 

ゴールまでの下り基調も臀筋と腸腰筋だけで辛うじて大きくペダルを回して35km/hくらいのペースでゴールまで。ゴールゲートの数メートル手前で一人だけ抜かしてゴール。

 

5分程先着していたタマちゃんが凄い強くなっていることが判明した100kmでした。比嘉さんも直後にゴールしタイムは私よりも5分速い。実力はもっと高いはず。

 

感想

ゴール後は座っていても脚のいろんな部分がつって痛かった。他のどんなレースよりも出し切れたし、今年も無事に沖縄を走れてよかったな~と思う。

そして次回に向けてトレーニングの質を高めなければと思う。夜中だろうと早朝だろうとローラーとZWIFTのおかげで乗る回数は確保できたので、心肺的には余裕があった。

水分補給も去年の失敗を活かして、不足することはなかったし、脚がつってからも落ち着いて回復しながらペースを落として集団を待つこともできた。

次回は是非メイン集団で最後まで走り切りたいと思う。そのためには筋力強化、高い強度への慣れ、インターバル、ペダリングの改善、ケイデンスの高いダンシング時のフォームの確立が必要だ。限られた時間だけど、少しずつでも計画してトレーニングを改善していきたい。
f:id:teru1025:20171114191820j:image

固定ローラーではタイヤのカスが出る?

雨ばかりで3週間も外で走れていないです。

フラストレーションは溜まりますが、そんなときでもトレーニングできるのがローラー台ですね。

固定ローラーのレビューや3本ローラーとの比較で良くある話として、タイヤが摩耗してカスが出るというのがあります。

確かに始めて購入する場合など、いろいろ迷って心配になるかもしれません。実際にそういった意見が一部にあるということは事実です。

 

確かにカスが飛び散れば、ローラーの内部も汚れるし、部屋の掃除も大変です。

これは防ぐことはできないのでしょうか。

 

私の経験でも、タイヤのカスに悩まされた事もありましたが、タイヤとローラーの接地圧によって、ほぼ完璧に防ぐ事ができるようになりました。カスは皆無です。
f:id:teru1025:20171022234643j:image
f:id:teru1025:20171022234713j:image
f:id:teru1025:20171022234733j:image

私の場合、エリートのPower Fluid、Tacx Satori、グロータックのGT-Roller Flex3と乗り継いできました。

 

今使っているグロータックに関しては、どちらかというと構造が3本ローラーに近いためかタイヤカスに悩まされることは一切ありません。

静粛性もNo.1です。

カーボンフレームへのダメージも心配なく、ダンシングもでき、ペダリングもきれいになる。

と現時点では落車リスクのないローラーの中では最終形と言えるほどの完成度だと思います。

 

話が逸れましたが、他の固定ローラーに関してもマンション内で使用していますが、静粛性はかなり良かったです。

 

タイヤのカスはというと原因が分からなかった頃は悩まされることがありました。

 

タイヤのカスが出るというのは、タイヤとローラーが細かなスリップを繰り返して発生しているように思えます。

つまり、タイヤとローラーの接地圧をしっかりと掛けてやることで、タイヤがグリップしてローラー上で滑らなくなるので、カスが発生することもなくなります。

 

固定ローラーで接地圧を多少高めてもローラーの負荷は変わりませんので、少しタイヤがへこむ程度にはしっかり押し付けてあげるようにしましょう。

また使っているうちにカスが出るようになった場合も接地圧が弱くなっている可能性があるのでもう一度調整しましょう。

それでもタイヤがスリップする場合は、タイヤのゴムが劣化して固くなっていると思われるので交換しましょう。

 

スリップしづらく静粛性の高いローラー専用タイヤとして、ビットリア、コンチネンタル、タックスからそれぞれ出ています。どれも少なくとも半年以上、4000キロくらいは使えました。

Wiggleのセールでビットリアを買うのがお得かも。  

 

 

 

Cannondale Supersix Evoのケーブルルーティング調整

まだ組んでから1年も経過していないSupersix Evo hi-modですが、ずっと我慢していた不満点がひとつありました。

 

それは後ろブレーキケーブルのルーティング。

フレーム内へのケーブルの入り口がヘッドチューブの前方についているため、エアロハンドルからの出口と入口までの距離が極端に短いことに起因して、ケーブルが突っ張りすぎてしまい、ハンドルが勝手に左に切れてしまうことです。

 

ハンドルを下限まで下げていることと90mmのステムを使っていることも原因のひとつになっています。
f:id:teru1025:20170922000728j:image

前輪を浮かせてハンドルから手を離すと左にハンドルが切れていきます。
f:id:teru1025:20170922001204j:image

完成車で売っている2017年以降のSupersix Evoも同じフレーム構造なので参考に見て回ったことがあるのですが、ハンドルが高くなっていてケーブルがハンドル外装であるため、ワイヤーの取り回しに余裕があり、そこまで問題はなさそうです。

 

走行自体への影響は感じられないものの、それ以外でいくつかの影響が出ていました。

  • 走行中に両手を離すと全然安定しない。
  • 停車して壁に立て掛けたときにハンドルが切れてしまい安定しない。
  • 輪行バッグに入れるときハンドルを完全に切った状態にすると、フレームへの入り口の部分でケーブルが90度に折れてしまう。

 

要するにかなり気持ち悪い状態でした。

それでも我慢して使っていたのは確実な解決策が見つからなかったからです。

 

度々考え、ショップでも相談して、いくつかのアイデアはありました。

それは以下のようなものです。

  1. ワイヤーを柔らかいものに変える。
  2. ワイヤーの一部をnokonに変える。
  3. 輪行を諦め最短距離でワイヤーを張る。
  4. 右後ろブレーキにしてみる。
  5. ワイヤーを更に長めにとり試行錯誤する。

 

1に関して、シマノのアウターケーブルは固いようなので、Jagwireを採用することにしました。

2はサガンのバイクに見られた方式ですが値段が高すぎて躊躇。

3はプロの場合はそうしてるようですが、そのためにはハンドルを切らずに収納できる輪行バッグが必要で、コスト的に割りに合わない。

4はそれで解決するなら厭わないのですが、どう考えても更に距離が縮まってしまい解決しなさそう。

というわけで、少しだけ柔らかいアウターケーブルを用意して試行錯誤することにしました。

 

結果、上手くいきました。
f:id:teru1025:20170922050022j:image

前ブレーキのケーブルは直線的に張り、後ブレーキのケーブルは長めに弧を描いてからヘッドチューブへ到達させるのですが、これだけではいくら弧を大きめに描いてもケーブルのテンションに負けハンドルが切れてしまいます。

 

ポイントは後ブレーキケーブルの弧を前ブレーキケーブルの内側に通して押さえ付けるようにすることで、弧が横に張り出さず、直線的にヘッドチューブの入口へ届かせるようにすることです。

 

また、ケーブル同士が強めにぶつかっている状態なので、走行中に振動で後ケーブルの弧が前ケーブルを抜けてしまわないように、弧を大きめに作りましょう。

かかるテンションを減らすためにケーブル自体も柔らかい方が良さそうです。

 

今回試した方法は、あくまで、いろんな条件が重なってハンドルからのケーブルのルートが短く限られてしまうケース用です。

普通は気にする必要はないのですが、何かの参考になれば幸いです。

携帯バックパックが重宝しそうです

結構ずっと気になっていて、楽天のポイントが一定の閾値(自分の中で)を超えたので、ついに購入した商品の紹介です。

オルトレのフォールダブルバックパック。

 

折り畳み式のバックパックです。どのくらい小さくなるかというと下の写真をご覧ください。超軽量の携帯ウィンドブレーカーと同じくらいのサイズです。つまりサイクルジャージの背中のポケットに余裕で入ります。
f:id:teru1025:20170918010917j:image

これでサイクリング中に立ち寄ったお店でお土産を買ってくることができるようになりました!

 

本格的にロードバイクに乗り始めると、パンク修理の道具や携帯工具とボトルくらいで、それ以外のものは一切持たないことが普通になってしまいます。

 

「おいしいパン屋さんがあったら困るから念のためリュックを背負っていこう」とはならないんですね。

 

このバックパック、どのくらいの容量があるかというと、こんなサイズです。
広げてみると普通にフルサイズという感じです。
f:id:teru1025:20170918010937j:image

生地はしっかりしているのですが薄いので、重いものは偏るし入れない方がよさそうです。軽くてかさ張るものであれば、結構詰め込んでも大丈夫そうです。

 

これを広げた後、畳んで本体にくっついている元のケースに収めるには、一応縫い目には過度な力を入れないように、ぎゅうぎゅうに詰め込むだけなのですが、慣れても2,3分は掛かりますかね。日常的に出したり仕舞ったりという用途ではないと思います。

ぎゅうぎゅうにしてしまうので、出したときにはシワシワです。まぁ遠目で見れば気にならないので、気になるのは出した瞬間だけです。

 

たまにはサイクリング中に発見したお店で美味しいもの買って帰ることで、家族の理解を得る助けになるかもしれません。そういった目的のために生み出されたソリューションなのでしょうね。素晴らしいと思います。

格安スピード/ケイデンスセンサー

Garmin Edge510Jを4年以上使用していて、そろそろ520か820にアップグレードしたいな度々考えていたのですが、機能差やレビューなどを見ていて今のところ見送っています。

 

見送りの理由はバッテリーの持ちが悪くなってしまうこと、タッチセンサーの評判がそれほど良くないこと、820Jの単体売りがなく値段が高いことが挙げられます。

 

変更したい理由としては、地図を導入したいことと、スピード/ケイデンスセンサーをチェーンステーから外してスッキリさせられること、510Jの本体容量が少なすぎてソフトウェアアップデートが出来なくなってしまっていることがあります。

 

今回、510Jのまま格安でスピード/ケイデンスセンサーを外すことに成功したので、導入した製品を紹介します。格安な点だけがポイントです。

 

スピード/ケイデンスセンサーの方式比較

Edge 510や810は以前からスピードセンサーとケイデンスセンサーをチェーンステーに取り付け、ホイールのスポークとクランクに取り付けたマグネットがセンサー部を通り過ぎることで、それぞれの回転を検出する方式になっています。

これはGarminに限らず殆どのスピード/ケイデンスセンサーが私の知る限り20年以上前から同じ方式になっています。

 

Edge 520や820からはホイールのハブとクランクにそれぞれセンサーを取り付け、それ自身が加速度センサーによって回転数をANT+で送信する方式に変わりました。

スマホやIoTの普及などで加速度センサーのチップが小型化し低価格化したことで実現した方式だと思われます。

 

このメリットは、チェーンステーから目立つセンサーを取り外せてスッキリさせられることが大きいです。

ハブに重量が移動することでホイールバランスが崩れにくくなる…

というのは無視できるレベルだと思います。

 

一方、従来の方式のデメリットは、複数のホイールを交換して運用する場合、スポーク部の幅が異なることで、チェーンステー側のセンサーの角度を調整する必要があるという点です。

 

更に私の場合、クランクに取り付けている4iiii Precisionパワーメーターに加速度センサーが付いていて、ケイデンスを計測してくれます。そのため、チェーンステーの(邪魔な)センサーはスピードセンサーとしか機能していませんでした。

 

新方式ではセンサーを各ホイールに取り付けておけば、調整は不要です。その代わり、Garminにはそれぞれに対応したバイクプロファイルを作成して、センサーを個別に認識させておく必要があります。

 

新型センサーの導入

Garmin Edge510など以前のモデルでも新型のセンサーを単体で購入することで対応させることが可能です。

 

こちらの製品ですが結構高いです…

そこで私が導入したのが、Magene Gemini 200というスピード/ケイデンスセンサーです。

https://m.ja.aliexpress.com/s/item/32804812885.html

$15という低価格でした。

 

1種類のセンサーでスピードセンサーとケイデンスセンサーのモードを切換えて使用可能です。つまり、スピード/ケイデンスの両方が必要な場合は、2個必要です。
f:id:teru1025:20170703131706j:image

マニュアルはダウンロード版も含めすべて中国語ですので、YouTubeで使用方法を確認しました。
f:id:teru1025:20170703131848j:image

電池が既に入っていますが、プラスチックのシートで絶縁されているので取り外します。

電池を再度セットすると、本体表面に赤または緑のLEDが光ります。

これは電池をセットし直す度に切り替わり、赤がケイデンスセンサーモード、緑がスピードセンサーモードです。

付属の輪ゴムは大きい方がホイール用になります。またゴムの台座も2種類あり裏側が曲面になっている方がハブにフィットするようです。

取り付けるとこんな感じです。
f:id:teru1025:20170904083225j:image

純正品と比べて幅広なため、少し斜めになってしまいました。これはハブの形状によっては純正品でも起こり得るでしょうし、問題ないでしょう。

 

ガーミン本体とのペアリングは、バイクプロフィールから辿り、センサータイプを「スピード/ケイデンス」から「スピードとケイデンス」に変更します。

 

スピードセンサーとケイデンスセンサーを個別にペアリングするのですが、私の場合、ケイデンスはパワーメーターと一体型だからかスピードセンサーしか検出できませんでした。

それでもパワーメーターを認識させておくだけで、ケイデンスは表示されるので問題ないようです。

 

3ヶ月ほど使用していますが、本体付属の電池で稼働し続けているので、バッテリーの寿命も問題ないようです。もちろんセンサーの精度も問題なく、特に不都合なく使えています。

富士ヒルクライム2017

3年連続3回目の富士ヒルクライム

結果は昨年のタイムも更新できず、相変わらずブロンズがやっとでした。

 

1週間以上前から天気予報を眺めながら楽しみに待っていたレース。当初は雨の予報も前日には晴れに変わり、不安だった雨対策を捨て去って挑みました。
f:id:teru1025:20170612084753j:image

 

毎度の事ながら前日受付は前泊組の山神様にお願いしてあったのですが、今回はホテルの駐車場まで確保していただけるという神対応

これで富士急ハイランドの複数ある駐車場で迷子にならずに皆で会場まで向かえます。

 

私は2時起きで高速を使わずにホテルに到着。前日は家族バーベキューで体を疲れさせたので、早めに寝て5時間は睡眠を確保できました。

 

車での移動は時間通りだったのですが、道志道付近で鹿に道路を塞がれる事2回。1回目は急ブレーキでかなりの精神力を持って行かれました。まさか、鹿注意の看板横にあるシルエットが本当の鹿だったとは思わず、寸前で停止。来年は高速にしよう。。

 

4時にホテルに到着してバイクと装備を準備し、神様からゼッケンを受け取ります。ゼッケンをジャージに取り付けようとしたところ、神様から「これいいらしいですよ」と差し出された日東の両面テープ。

 

最近、自転車レースに出る人は知る人ぞ知るこれ。

安全ピンで止めるだけより、ジャージとゼッケンの隙間を無くすことができ、風の抵抗やバタツキを無くせます。手でカットが出来て、粘着力があるのに、ジャージを傷めずにキレイに剥がせる優れもの。

 

実は私も持参してましたが、流石の神様も情報を仕入れてるんだなぁ、と思っていると、情報源は小笠原さんらしい。

圧倒的に強くなっているだけでなく、ゼッケンによる数ワットの削減も気にしているとは、ますます勝ち目がなくなってきた。

などと思っているうちに準備は完了し、5時にホテルを出て会場に向かいました。

 

アームカバーのみでウィンドブレーカーも要らず、晴れてるって素晴らしい。

20〜30分程で到着する予定でしたが、会場が近づくにつれて大混雑。結局、預け荷物の締切は多くの人が間に合わず、私はゼッケン番号毎に既に積み込まれたトラックに投げ込みセーフ。

 

スタート待ちの待機列に並ぶこと1時間程、やはりじっとしていると寒い。これで雨が降っていたら耐えられないだろうと思う。

 

今年はすべてが大混雑。年々、募集人数を増やし、いよいよ限界が来ているように思えます。

スタート後も計測開始までの1.3kmは人が詰まっているとのアナウンス。

申告タイムではなく、一斉スタートさせられる女子の増加が原因か。

私は計測開始地点までの道中で行われる富士ヒル名物?でもある水分の放出による軽量化作業に加わり、その間にウェーブ前半の混雑も無くなり、計測開始地点を通過。

 

機材メモ
f:id:teru1025:20170612085018j:image

Supersix Evo hi-modでの初ヒルクライムレース。前々日まで雨予報だったので、アルテグラ28Tのスプロケをユーラスに装着していて交換するのが面倒で、最軽量のカーボンホイールではありません。

タイヤは前後とも新品のミシュランPro4 SC v2 25mm。Panaracer Race Evo2と比べて同じ25mmなのに、ひと回り大きい。ワイドリムでもないので、かなり横に張り出しています。Pro4の場合は23mmで十分だったなぁ。

 
f:id:teru1025:20170612085057j:image

ハンドルには2km毎のラップと平均時速を貼り付け。

ラップ表は以下のサイトで作成させていただきました。

http://chorozuya.com/wp/triathlon/bike-lap-sim/

ルートラボのコースのURLとバイク重量や体重を入力して、目標タイムを設定すると1km毎のラップタイムを勾配も考慮して出力が一定になるように算出してくれます。

超便利。

今度、ヤビツに行くときにも使ってみよう。


f:id:teru1025:20170612085125j:image

ヒルクライム機材としてはフルカーボンサドル。

 

これをバイクに合わせてカラーリングし、ポリウレタンスプレーでコーティング。

 

カーボンホイールではないし、試走もしてない新品タイヤは太くてモッサリ感があったけど、7kg丁度のバイクで走って言い訳はできない。

 

レースレポート

昨年のタイムは、1:25:25で、

今年は、

タイム 1:25:58

平均185W

175bpm

という結果。

 

全体体的にみるとバイクは1kg軽くなって、多少出力も上がっていたけど、体重が1.5kgくらい重かったのが、そのままタイムに出た感じです。

 

自分の出せるパワーは理解しているつもりだったので、シルバーを目指すなどとは言えず、190Wペースで80分が出せれば今の実力以上ということで、80分が目標でした。

 

序盤は神様が前を走っていて抑え目でいくと仰っていたので付いていくと、自分のメーターでは240Wペースで300Wもちらほら出ている。

心拍は少し余裕があったので、表示されるワットと体感の差もあり、気温差のせいでパワーが狂っているのかなと思ってしまったのが失敗。

神様に付いていくも15分くらいで辛くなってくる。6km地点ではラップ表よりも1分以上早いペース。こりゃ神様は本気でシルバー狙いだなと気付いて見送るも、時すでに遅し。

190Wを維持することも出来なくなり、表示されているワットが正確であることを思い知らされます。

序盤の貯金がどんどん削られていき、半分の12km地点では80分目標のラップ表から30秒遅れ。更にパワーを出すのも辛くなり、辛過ぎてUターンしたくなってきました。

後半は折れかかった心に鞭を打って、斜度が緩くなりかけたらダンシングで加速、ペースを維持しながら少し脚を緩めてを繰り返すも160Wでもキツ過ぎる。手元のラップ表のタイムからは凄い勢いで遠のいていきます。

それでも昨年のタイム更新を目指して、平坦区間では幸い速いトレインに乗れて時速40kmでなんとか千切れずに付いていきました。

そして最後の坂。これが1kmくらいで二段階あるのですが、最初の坂で千切れズブズブと後退し、最後までダンシングし続けるも力が全く出ず遅い遅い遅いー!

で終了〜。

 

レース後

預け荷物をすぐに受け取り、風が凌げるテントの中で、インナーを着替えて防寒着を着込み、シアトル出張で買ってきたプロテインバーを美味しく味わう。

荒サイ倶楽部の方々と少し話をして下山。

後半では人多過ぎで下山待ちの列が全然進まなかったようです。

早めに下って良かった。

RoppongiExpressのジャージの人の後ろで比較的高速で降りてこれましたが、ブレーキの引きが重くて結構握力が無くなってしまった。後ろブレーキへのワイヤールーティングも少し見直そう。

 

下山してすぐにいつもの美味しい吉田うどん。
f:id:teru1025:20170612103112j:image

参加者全員に振る舞われるのですが、おばちゃんの人海戦術により、ここだけはスムーズでした。

 

感想

パワーメーターを信じて計画通りにペース配分をすれば、もう少しタイムは良かったのかも。

という思いはありますが、これが今の実力。練習で出していない負荷領域が維持できないのは当然ですね。

体重57kgなら230Wで75分シルバーが見えてくるかな。そのためにはFTPで240W。270Wくらいのインターバルも必要。

才能も地脚もない自分は多少距離を稼ぐだけで速くなった時期はとっくに過ぎていて、同じトレーニングでは全く速くならない。

負荷を上げて少しずつ強くなれるよう頑張ろう。あと、後半は腰も痛かったので、いよいよプランクもやらなきゃ駄目ですね。

もてぎエンデューロ2017GW 4時間ソロ

恒例のもてぎエンデューロ


f:id:teru1025:20170510110110j:image

今年は家庭の優先度を上げるため、レースは最小限(月に1回以下)にしているのですが、もてぎエンデューロだけは自転車を始めた頃から出続けている外したくないレースの1つです。

当初はチームエンデューロに出ていたのですが、前々回からは4時間ソロと決めて出ています。ツール・ド・おきなわ100kmが当面の重要レースなので、同等以上の時間をノンストップで走り続ける感覚を養うのが目的。

 

以前はソロで4時間や7時間を走るなんて想像も出来なかったけど、順応出来ていくものですね。

 

いろいろあって今回はトレーニングが基礎期に入ったばかりなので、体力的に高強度は無理なため、一定のペースで4時間を走りきるのが目標。どれだけ前回の周回数に近づけるかが指標です。

前回は144km 31周。

 

一緒に走るのは自分も含めてチームメンバーは3人だけという少人数。とはいえ、チーム内でFTP最強の小笠原さんと、上り最強の比嘉さん、どこまで付いていけるかと密かに意気込んではいましたが、自分も含め全員まさかの寝坊。

 

結局スタート時間にギリギリ間に合ったのは私だけで、比嘉さんが途中参戦したのみ、モチベーションがほぼゼロに。

 

レースレポート

レースがスタートした直後にパワーデータが表示されていない(電池の接触が悪くなってた)ことに気付き、センサーの調整も出来ていなかったので、速度や距離もGARMINGPS頼り。

一度ストップして調整しようかとも迷ったけど、それだと最低限の目標も達成できなくなるので、走り続けることにしました。

 

メイン集団の後ろでリラックスして落車に注意しながら走っているけど、どうも登りで周りのペースが速いと感じる。

パワーは表示されないのが不安だけど、明らかに高強度に体がついていけてない状態。

 

なので無理せず登りではスルスルと下がっていき、意識的にダンシングもほぼ封印し、後続の適当な集団に乗れるタイミングで乗るというのを繰り返していました。

そんなことだから前半2時間はラップタイム7分半前後で推移。

 

定期的にやってくる先頭集団がやけに速く感じるし、体力の低下を思い知らされました。

実際に先頭集団はいつもより相当速かったみたいだけど。

 

後半になるとお腹が空き始めてしまい、慌ててジェルを多めに投入し始めたけど、ペースは低下。水の残りも心配な状況に。いつもはスタート前に多めに時間を掛けて炭水化物を詰め込み、水分を補給していたけど、それが出来なかった影響が顕著に現れました。

 

後半は8分から9分の間で、特に大きな集団に乗ることも意識せず、風がキツかったけどマイペースに走りました。

 

結果

138km 29周。

残念な結果ですが、まぁ当然の結果ですね。

 

反省

4時間危険を感じることなく走り切ったことだけが良かったことですが、後は反省だらけです。

反省1

寝坊して機材チェクを全く行わなかったこと。パワーデータのロスト。センサーデータのロスト。

反省2

寝坊してレース前の補給が不十分だったことと補給の遅れ。

反省3

前半の1時間半をシッティング縛りにしてしまい、腰への疲労の偏り。


f:id:teru1025:20170510110145j:image

これからは基礎期から強化期にむけて、徐々に高強度を入れてトレーニングを頑張ります。