読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Azure Racing - Teru

クラウド系エンジニアのロードバイク初級ブログ

Stravaのクラブでグループライド

情報 ファンライド

先週はStravaのクラブ機能を利用して集まった方々とグループライドに行ってきました。

 

最近、Stravaのスマホアプリで、普段走っているサイクリングロードの名前が付いたクラブが表示されるようになったので、何気なく登録していました。しばらくすると、グループライドが企画されたので参加させていただきました。

 

10名程の参加者がいつも走っているサイクリングロード上に早朝から集まり、各々の都合によって途中参加や途中離脱もありながら、自己紹介や食事、休憩、写真撮影を挟みつつトータルで140kmくらいのロングライドになりました。私は午前中のみで離脱したため70km程でした。

 

皆さん初対面でしたが同じ趣味で同じ地域を走っているということもあり、スムーズに事前に予定した地点に集合して楽しく走ることが出来ました。私は向かい風にやられて最初から遅刻してしまったのですが、優しく迎えて頂けました m(_ _;)m
f:id:teru1025:20161125005657j:image

午前中の目的地である公園にて錨のオブジェを囲んで休憩中。

 

普段は会社関係のチームの人たちとトレーニングやサイクリングをしているのですが、なかなか普段と違うメンバーで走る機会はないもので、とてもいい経験と刺激になりました。新たに走る仲間が増え、これは素晴らしい!

ということで、ここからはStravaのクラブ機能について紹介したいと思います。

 

Stravaとはアスリート向けのトレーニング記録や分析ができ、SNS的な機能も豊富で、同種のサービスの中では世界最大規模のユーザー数を誇ります。

Strava自体について詳しくは書きませんが、その機能の一つとして「クラブ」というものがあります。機能はかなり昔から存在していたようなのですが、最近のアップデートによりスマホアプリからでもクラブ機能にアクセスできるようになりました。(2016年10月頃だと思います。)

 

クラブには主に以下の機能があります。

  • トップ画面(クラブ一覧)
  • 検索
  • クラブ画面
  • ディスカッション
  • リーダーボード

 

順に簡単に紹介いていきます。

 

トップ画面(クラブ一覧)
f:id:teru1025:20161124172616j:image

アプリのメインメニューからクラブを選択するとこの画面になります。ここは自分が参加しているクラブとおすすめのクラブが表示されます。

おすすめには自分が登録している居住地やプロフィールに応じた人気のクラブが表示されるようです。

 

検索
f:id:teru1025:20161124173215j:image

見てのとおりですが、キーワード検索と位置情報に基づいた検索が行なえます。

アクティビティの種類でフィルタリングができるので、ランナーやスイマー、トライアスリート専用のクラブを見つけることもできます。

 

クラブ画面
f:id:teru1025:20161124173656j:image

自分が参加していないクラブの場合は参加ボタンが表示されます。クラブの説明をよく読んでから参加しましょう。

参加しているメンバーの一覧や最近のアクティビティ、クラブ内で交されているディスカッションの内容を見ることができます。

また、その週の参加者全員のアクティビティの状況がグラフ表示され、獲得標高と走行距離に従ってプロットされます。自分が参加している場合は、自分のグラフ内での位置が分かるようなります。

クラブから退会したい場合は右上のメニューから退会を選択してください。

 

ディスカッション
f:id:teru1025:20161124174659j:image

ここではクラブ内のメンバー同士で交されている会話をチェックしたり、会話内にコメントしたり、新たなタイトルの会話を追加することができます。ここで新しいメンバーの挨拶やグループライドの企画が行われたりします。

 

リーダーボード
f:id:teru1025:20161124175154j:image

クラブ内での走行距離が多い順にリスト表示されます。

メンバーがどれだけ走っているのか、自分がどれだけ頑張っているか(頑張っていないか)がひと目で分かってしまいます。

 

PC用のサイトからは新規にクラブを立ち上げることも簡単にできます。クラブを作成した人が管理者になるのですが、特に面倒なことはないようです。参加者が増えて発展していくとメンバー同士が自律的にディスカッション内でグループライドを企画したりして、盛り上がっていきます。

盛り上がるかどうかは別としても、自分の居住する地域の近くにクラブがない場合には、同じ地域のサイクリストが集まれる場所として、新たに立ち上げておくといいでしょう。

 

広告を非表示にする